今年はコインチェックのハッキング被害や世界各国の仮想通貨取引所のハッキング被害が増え1100億円とも言われる被害が生じました。それらの影響もあり、どうやら去年末からの暴落で仮想通貨バブルは終了して仮想通貨ではもう稼げないと考えている方も中にはいらっしゃるようなので、僕の考えを書いておきたいと思います。

 

結論から先に言うと仮想通貨は今後も伸び続け、価値のある仮想通貨に投資する人には大きな利益をもたらすと確信しています。逆に言えば価値の無い仮想通貨に投資してしまうと資金を失う事になります。

 

仮想通貨はチューリップバブルと同じ結末を迎えるとかビットコインは本質的に無価値で詐欺だとか実体がないと言う意見もありますけど、そもそも現在の法定通貨の存在自体が詐欺みたいなものですからどの口が言うのか疑問です。ここでは通貨発行に関する闇については避けておきますが、発行権を持つ人の都合でほぼ無限に発行量を増やせて価値が薄まり続ける通貨と発行上限が決まっていて価値が保全される通貨のどちらが本質的な価値があるのかを考えればわかると思います。

 

実体についても現在の世界的な流れとして法定通貨は電子化に向かっていて現金の使用が急速に低下しています。中国の電子決済の普及速度はニュースになる程早いことで有名ですが、現金の使用割合の高い日本でも電子マネーやクレジットカードの決済の割合は年々増加していますから、通貨の実体がなくなり電子の世界にのみ存在する事になるのは確定した未来とも言えます。
株券とかは既にそうなっていますよね。

それでも通貨を発行する側からしたら仮想通貨の台頭によって自分の島を荒らされている訳ですから穏やかじゃないでしょうけどね。日本の金融庁なんてちょっと過剰反応し過ぎで怖いくらいです。

 

去年末の段階で僕は仮想通貨投資を宝くじ位に考えていると書きましたが、その時よりも知識量が増え各国政府や投資家等の動きを見て、投資対象としての重要度が大幅に増しました。
と言うのも今まで仮想通貨市場は個人とか小規模な機関投資家が主な投資家だったのですが、大手機関投資家が続々と仮想通貨市場への参加を開始しているんですよ。今後は資金流入の桁が一桁も二桁も変わってきます。

しかし、逆に言えば今、仮想通貨市場が低迷しているのはそれが原因の一つだったりします。某大手機関投資家が上昇しないようにビットコインをコントロールしてるんですよ。今はビットコインが基軸通貨になっているので、ビットコインを動かせばアルトコインも連動して動きます。つまりビットコインをコントロールすればほぼ仮想通貨全体をコントロール出来るんです。で、餓狼売りを誘い、これから上げる通貨を買い漁っていると。完全に市場操作なんですけど、今はまだ規制がないのでやりたい放題です。

仮想通貨市場全体の時価総額はバブルなんて言っても30兆円程度、株とか法定通貨と比べると100分の1以下です。しかも、市場で実際に取引されている量なんてたかが知れていますから百戦錬磨の某大手機関投資家のオモチャになっているのが現状です。
で、仕込みが終わったらどうなるかは火を見るよりも明らかですよね?

 

そんな事を知らない人はただただカモにされて下落に呑まれて餓狼売りしたりして大損して終わることになります。そして、それを見た人達が仮想通貨は終わりだとか言うようになります。

まあ、仮想通貨関連は詐欺師がかなり多いのでそう思いたくなる気持ちも分かります。去年軽く触れたと思いますけど、新規仮想通貨発行による資金調達、ICOの約9割は詐欺と言われています。
日本でも資金調達だけが目的の中身の無い誇大広告の詐欺ICOだとか悪質なICO転売が多く見受けられました。転売ではSNSやユーチューブ等で宣伝して仕入値の2倍、3倍、5倍、ひどいものは10倍以上で売りつけているケースもあり、取引所に上場してから10分の1とか20分の1以下になるケースが多くあったので被害者が多数生まれてしまいました。購入者に仮想通貨を送らないと言うケースさえあります。

他にも悪徳な商材屋達が去年末くらいから5~100万円位の会費で儲かるICO情報教えます!1つ投資すれば10倍!それを再投資して更に10倍!とか言って最終的に100~10000倍になります!とか言って自分達が売って儲ける為だけにICOを買わせる手口が横行していますから、仮想通貨も情報を選ばないと大損しかしません。新しい仮想通貨を売りたいから上場したらすぐに売りましょうと言っているたけだと気づかないと一生負け続けます。

ICOに投資して上場したら直ぐに売り抜けて次の優良なICOに投資しましょう!とか言っている人たちの情報は気を付けた方がいいです。そう言う奴らが変な投資の仕方を流布するのと中抜きのせいで日本人の投資割合の多いICOは軒並み上場後に下落する確率が高くなっていますからね。一応ICO元が買い支えするケースも多いみたいですけど、買い支え出来ないほど売り込まれて暴落が基本パターンです。

まあ、全ての投資は自己責任ですから損したとしても同情はしませんけど。

僕も去年、ブログだとかSNSで仮想通貨の情報を集めて殆ど使えないと思った事がありましたけど、その時よりも仮想通貨の知名度が高まった事で投資の素人が自分が儲けるためだけに質の低い情報を発信する人が増えて仮想通貨関連の情報の質は劇的に下がっているので、そう言った情報を鵜呑みにして投資をすると高確率で資金を失います。特に影響力の強い媒体であるユーチューブは酷いですね…ツイッターも酷いですけど、そう言ったクソ情報を活用して投資をしたら資金が増える事はほぼあり得ません。ただ、仮想通貨の場合、ラッキーパンチで儲かってしまい間違った成功体験を持つ可能性が僅かながらあるのが怖い所ではありますけどね。

 

ちょっと話が逸れたんですけど、今は仮想通貨市場が意図的に下げられていますけど機関投資家が仕込み終わったら上げに入るって話です。

正直、ビットコインに関しては短期的には上がっても5年後10年後にどうなっているのかは読み難いのも事実なんですけど、これから仮想通貨に投資する場合は投資する通貨を間違えなければ高確率で資産を増やす事が出来ます。

 

これから上がり続ける可能性が極めて高い鉄板の仮想通貨をいくつか上げるとすればイーサリアム(Ethereum)とネオ(NEO)です。仮想通貨で実際に使われているモノってほぼ無いのが実情なんですけど、今最も実用化が進んでいるのがイーサリアムです。イーサリアムは変な猫のゲームだとか500種類を超える上々済み仮想通貨トークンを動かしていますから最も活用度の高い仮想通貨と言えます。

 

一般の知名度はビットコイン一強で仮想通貨=ビットコインみたいになっていますけど、仮想通貨に投資している人でイーサリアムを知らない人はほとんどいないと言って良いほどの知名度を誇ります。しかし、やや古い部類の仮想通貨になるので新しく出て来た仮想通貨と比較すると性能面で劣るのが難点ですが、来年のハードフォーク(大規模なアップデート)によりある程度解決する見込みです。また、イーサリアムは現在Powと言うマイニングにより仮想通貨を維持する仕組みになっていて、小国の消費電力以上に電力を消費する事が問題(消費電力が上昇し続けている)となっていますが、ハードフォークによりPosと言うイーサリアムを保有している人達がネットに繋ぐ事で仮想通貨を維持する仕組みに変わるため電力も大幅に少なくて済むようになるのも大きいですね。

そうなるとステーキングと言って32イーサリアム保有してノードを立てておくとイーサリアムが不定期で増えるようになるので、今のうちに仕込んで備えておくと甘い汁が吸えますよ!今だといい感じに値下がりしているので160万円くらいで構築できます。どのくらいイーサリアムが付与されるかは不明ですけどね。

 

ネオに関しては中国版のイーサリアムです。中国は海外のサービスなどを禁止して自国のサービスを作るんですよね。Googleなら百度、LineならWechatなど。で、イーサリアムを改善して作られたのがネオです。今はまだイーサリアムのように活用は進んでいないんですけど、ネオベースの仮想通貨が少しずつ増えていて、中国系の仮想通貨は今後ネオで作られていく可能性があります。イーサリアムの20分の1以下の時価総額を考えると今後の期待値はイーサリアム以上に高いです。
専用のウォレットに保有しているとGasと言う送金時に使用する仮想通貨が貰えるのも美味しいですね。
中国は仮想通貨の取引を禁止しているんですけど、今後の動き次第では跳ねる可能性もあります。

どちらもプラットフォーム型と呼ばれるものでWindowsやMac OSの様に一度シェアを握ったら長期的に安定して使用されるという意味でかなり堅い通貨になりますね。それでいて今後の市場規模拡大を考えると数十倍や数百倍の可能性もあり期待値は株とかの比では無い程高いです。他にもプラットフォーム型はリスクやネムなどがあり、最近ではEOSの台頭が著しいですね。まあ、あれは自己買の結果ですが。今後もより性能の高いものが増えてくる見込みです。しかし、最終的に残るのは数個になると見込まれますから性能等に踊らされず本質的な価値を見極めて行く必要があります。

上場前のものだとオーブスと言うイスラエル版イーサリアムが今後、イスラエルで作られる仮想通貨がほぼ全てオーブスベースで作られることが決まっているので、使い続けると言う意味では長期投資の価値がありますね。

 

それから堅いながら期待値が高いと思うのが取引所トークンですね。最近、ノーリスクで取引所トークンが貰えるBKEXを紹介しましたけど、取引所は仮想通貨が存在する限り無くてはならない存在なのでICOなど安いうちに仕込んでおくとメリットが大きいです。世界一の取引高を誇るバイナンスの取引所トークンBNBはICO時の約200倍に高騰し、某取引所トークンはICO時に100万円分購入していれば毎日数十万から百万円位の配当が受け取れる状態が続いていて初期投資家としてのメリットは計り知れないものがあります。しかし、仮想通貨取引所への参入は多く、どの取引所が伸びる可能性があるかやハッキング被害の増加などからセキュリティー面がしっかりしていない取引所は最悪破綻する可能性もあるので注意しておきましょう。

 

番外編として僕が興味を持って見ているのがAI系の仮想通貨です。その中でも個人用AIとしてブロックチェーン上に自分の分身(3Dアバター)を生成出来るpaicoin(pai project)と言うのが面白いですね。
スマホで自分の写真を1枚と声を少し録音すると自分の分身がスマホに出来てしまうイメージです。AIなので学びたい分野を指定しておけば自己学習してくれて自分が話せない言語、英語や中国語なども話すようになります。
自分のアバターだけでなく他人のアバターを共有してもらう事も出来るため、学習教育分野、医療分野、エンターテイメント(アイドルとの提携は決定済、アーティスト、有名人など)など幅広い分野で活用される未来が見えてきます。近未来の技術ですね。
ObENと言うアメリカのベンチャーきぎょう企業が技術を提供しているのですが、ObENにはテンセントやソフトバンク、HTCなど世界でもトップクラスの企業がベンチャー投資していて、そのバックアップが受けられるのも大きいです。それとWeChatとの提供も決まっているので9億人のユーザー(10億人に増えていましたね。しかもこれデイリーアクティブ数です)の一部が流れ込んでくるのでかなり期待できると思いますね。

まだ上場前ですが、6月下旬から7月上旬にhuobiと言う世界の取引量トップ3に入る取引所とLBANKと言う13位くらいの取引所への同時上場が決まっています。日本ではかなり怪しい人達がセミナーとかでpaicoinを売っていたようなのであまり認知度が高くなく、知っている人は知っている人で怪しいイメージがあるかもしれません。しかし、英語のテレグラムは25000人、中国語は11000人、日本語300人と海外での関心が圧倒的に高いので、日本人をターゲットとした昨今の詐欺ICOなどと比べるのもおこがましい程まともです。
まあ、最終的にブロジェクトが成功するかは神のみぞし知るところになるのですが、成功すれば跳ねる面白いプロジェクトだと思って注目しています。

他にプラットフォーム型でもあり取引所トークンでもある僕としては理想的な仮想通貨もあったりします。セキュリティー面での性能が高くハッキングされない取引所として注目を集める事になると思います。100倍超も狙えるかなと思っています。
ただ、これに関しては上場前でプライベートセール中と言うこともあるのでブログには書かないでおきます。

詳細が知りたい人がいましたら個別でお教えします。今後10~20倍に強制的に上昇させる通貨の仕手情報なんかもあるのですが、これも価値があり過ぎてあまり多くの人には流せない情報なので関心がある人にだけ流します。

フォーム

↑登録した方に流します。人数が多い場合は独断的偏見で流す人を選びます。

 

結構長くなってしまったので、まとめますと仮想通貨市場は急落低迷していますが、底を打ち本当のバブルがやって来ます。多くの仮想通貨が釣られて上昇すると思いますが、最終的には本当に価値のある仮想通貨以外は消えます。残る通貨の鉄板がイーサリアムやネオと言った使われ続けるプラットフォーム型と取引所トークンで、ビットコインはPowの維持が難しくなるなどの様々な理由から消えるかネームバリューから投機対象としてのみ残る。基軸通貨として使われ続けるかは微妙。これは書かなかったですかね。

実際のところ仮想通貨の活用は殆どされておらず、これからが活用の本番になるので始まる前から今は仮想通貨バブルでそれももう終わりとか笑われちゃいますよ?って事です。