THVシステムで稼ぐ啓吾のブログ

こじんとうしかじゅうおくえんぷれいやーのぶろぐ

カテゴリ: 分析

前回の分析記事のターゲットとなっていた136円のレジスタンスゾーンに到達後に反落し、コロナ治療薬期待感から株価やユーロ円を中心としたクロス円が上昇しましたが、ポンド円は135.5円付近までの上昇にとどまり134.5円付近まで下落しています。

SnapCrab_NoName_2020-7-14_15-13-34_No-00


ここからの動きですが、再び136円を狙いに行くよりも134円を割り込み132円を狙いに行く可能性の方が高いのかなと分析しています。


正直、僕の中では今の動きは難しい相場になっていると思います。

前回の133円から136円ターゲットはかなり明確でした。しかし、到達までに想定していたよりも大幅に時間が掛かっています。しかもレジスタンスゾーンの下限までしか上昇できませんでした。ポンドが弱い現状と言うのもありますが、これは市場の迷いを反映した結果と見ています。


アフターコロナ期待の株高、一方世界的には第一波すら収束していないと言う現状、米中対立、英通商交渉など材料が複雑に絡み合いボラティリティも縮小しています。この後米大統領選も控えています。

ですから、今は休むも相場かなと思い殆どトレードしていないのですが、今の相場の分析を知りたいとの声がありましたので一応分析しておきます。


現在は134円~136円の広いレンジにあります。次に注目すべきは134円を割り込めるか否かです。
134円を割り込む事が出来れば比較的高い確率で132円をターゲットとして下落していく可能性があります。

株高がどう影響するのかと言うのもあるのですが、昨日の動きを見る限りポンドの買戻しが一服した感があるので再びポンド売りになる可能性が高いと見ています。

チャートパターン的にはヘッド&ショルダーが形成されています。

逆に上昇し135円まで買い戻される場合はレンジ継続となり様子見となります。

その場合三角持合いが形成される事になりますのでブレイクに注目しましょう。




7/14 15:30時点での分析



追記 7/15 13:00
前日に134円のサポートをブレイク出来ずに反発しました。
加えて本日早朝にワクチンの進展報道が出た事で上昇していた株価が更に上昇しました。ダウは6/16高値を超えて来ていて6/9の戻り高値を目指す可能性があり更なるリスクオンの可能性が高まっています。
これによりポンド円も135円手前まで上昇しています。
チャートパターンとしては上昇フラッグを形成しており、135円前半の下降トレンドラインをブレイクすると136円を目指すシナリオも出てきました。前日にユーロ円が122円のレジスタンスをブレイクしている事もあり、136円をブレイクする可能性は低くなく137円前半のレジスタンスまで上昇する可能性もあります。



追記2 7/18

SnapCrab_NoName_2020-7-18_15-47-51_No-00


14日に134円のサポートで反発上昇、15日にフラッグの下降トレンドラインから反落、16日に134円から再び反発しフラッグの下降トレンドラインはブレイクするものの6/5と7/9高値を結ぶ下降トレンドラインはブレイクしきれずに反落、17日に134円から再び反発とレンジ内の動きが続いてきましたが、チャートが出来上がってきましたからそろそろブレイクが近そうです。

今できているのがヘッド&ショルダー、上昇フラッグ、三角持合い、下方三角持合いと盛りだくさんです。週の後半はEUサミットが意識されていましたから週明けにサミットの結果を受けてブレイクする可能性は高そうです。ブレイク方向に注目です。









ブログラインキングに参加中です!
↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

試験的に明確で分かりやすいテクニカルポイントになった時に記事にしてみます。
参考になりましたら、1回ずつクリックお願いします。




昨日ポンド円が132円~132.7円のレンジを上にブレイクして133.9円付近まで上昇しました。

現在は133円まで戻してここから反発できるかと言うところです。

SnapCrab_NoName_2020-7-1_15-21-40_No-00


次の相場のポイントは133円をしっかりサポートできるかという点と134円をブレイク出来るかという点です。

134円をブレイクできれば136円前後までの上昇も期待できます。
133円を割り込んでしまう場合は、状況が面倒になりますね。再び132円をターゲットに下落する可能性と132.7円付近から反発して134円を目指す可能性と133円前後のレンジの可能性が出てきます。

次の動きをよく観察しましょう。

7/1 15:30時点での分析




ブログラインキングに参加中です!
↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

試験的に明確で分かりやすいテクニカルポイントになった時に記事にしてみます。
参考になりましたら、1回ずつクリックお願いします。




FOMCでイールドカーブコントロールについて議論される可能性と報じられて以降、為替のリスクオン相場が一服していましたが、FOMC終了後に米国で第2波の兆候(抗議デモにより感染者拡大)が報じられました。注目されていたFOMCも終え、一服感もあるため、リスクオン相場からリスクオフ相場へ移行する可能性が出てきました。

これまで大きく上昇して来ただけに下落幅も大きく取れる可能性があるため今後の動きに注目したいところです。



相場の背景簡易メモ
・先進国を中心としたコロナウイルス第1波収束、経済活動再開への期待感からリスクオンの株高が続いていた。ナスダックは史上最高値更新。(全く健全な動きとは思えないが世界的な金融緩和合戦により投資マネーがあふれている状況が影響している。なお、米・欧州の要人発言によれば2022年ごろまで経済の停滞が続くと予測している。)

為替は米中対立への懸念などからリスクオンになり切れずにいたが、米中通商合意破棄観測の否定を起爆剤の一つとしてリスクオンが活発化。
YCC導入について議論と言う報道後はNY勢を中心としたドル売りが続いていた。(個人的にはYCC導入観測によりドル円が107円前半まで売り込まれる展開は想定していなかった。調整しても108円は維持すると考えていた。)





ブログラインキングに参加中です!
↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

試験的に相場に大きく影響を与える可能性が高いニュースがあった時に記事にしてみます。
参考になりましたら、1回ずつクリックお願いします。

先ほど米中通商合意第1段階が破棄される可能性と言うニュースが出ました。

続報ではどうやら中国が米国からの大豆輸入の一部を停止との報道によるもののようですが、実際に破棄になれば暴落の可能性が出てきます。

詳細がまだ不明の部分もあるためトランプ大統領の反応に注目ですね。


追記
翌日、中国が公式に噂を否定した事によりリスクオンの動きが活発化しました。一部通貨ペアではコロナショック後の戻り高値を超える上昇が続ており稼ぎ時です.。゚+.(・∀・)゚+.゚

このページのトップヘ