THVシステムで稼ぐ啓吾のブログ

こじんとうしかじゅうおくえんぷれいやーのぶろぐ

カテゴリ: トレード結果

7月の収支は+3500万くらいでした。

SnapCrab_NoName_2020-8-1_18-59-52_No-00


9トレード5勝1敗3分で、この3ヶ月間はほぼ同じくらいの収益ですね。それほど時間をかけなくても3ヶ月で1億稼げるのが投資の良いところです。(なんか自慢みたくなっているかもしれないので今月で収支報告はやめます)


7月はボラティリティが低下していましたけど、分析記事を載せた1日、20日の他に31日の動きなんかもかなり取りやすいポイントだったので、僕がどう言ったポイントでトレードしているのかがお分かり頂けたかなと思います。


SnapCrab_NoName_2020-8-1_19-3-1_No-00


前回の分析記事のチャートポイントは綺麗に上にブレイクする形になり、136.3円のレジスタンスゾーン上限を上抜けるまで上昇した後に調整が入り137.4のレジスタンスに到達したのは30日になりました。
31日はひと月ぶりの変動幅200pips超えの上昇で139.2まで上昇を見せ138.5で引けました。

この間のポイントはドル安が大幅に進んだ事です。米中対立激化によるリスクオフのドル安と言う、つい先日までのリスクオンのドル安はどこへ行ったのかと言う動きですが、この辺の理由づけは市場コンセンサスを知るためのものなので実際は何でも良いんです。


結局のところ、ドル安が今の不動のメイントレンドと言う事実さえ分かれば良かったんです。

ドル安を主導していたのが、EUサミットで復興基金の合意がなされたユーロです。
1.15ドルを上抜けて年初来高値を更新し1.19まで上昇しました。31日は夏休み前のポジション調整で下落して引けを迎えましたが、少なくとも1.2まで到達するまでは大きな調整の動きにはならないのではないかと見ています。(ユーロ円が上昇するなか日本の個人投資家によるユーロ円の売り越しが増えていると言うブルームバーグの記事を目にしました。損切り出来ないから売りポジションが増えてしまう訳ですけど、日本人って本当に逆張りが好きですよね。損切り無しプラス逆張りは負け組確定ですから反面教師にしましょう。)

つまり、少なくとももうしばらくはドル安が継続すると考えています。ドル安からドル高への転換の目安の指標として見ているのが株価です。株価との連動性が低下して来てはいるのですが、ダウ平均が25000ドルを割り込む展開になる場合はドル高に転換する可能性があります。現在サポートされている26000ドルを割り込む時は警戒が必要です。

現在の米大統領選挙で優位に立つバイデン氏が大統領になると株安につながると言う見方があるため、市場の関心のメインが大統領選挙になれば下落に転じる可能性もあります。また、米では週600ドルの追加の特別失業給付金が支払われていますが、これが7/31までになっています。週200ドルか600ドルの継続が議論されていますが、この資金が株式市場に流れている事で株高になっていると言う見方があります。証券会社の口座数が急増している事や現在の株高を主導しているGAFAMSを中心に買っていると言うデータがありますが、給付金が減れば株を売り生活費に回す可能性も出てくるためこの辺のニュースにも注目したいですね。


ポンド円に関してはドル高への転換まで上昇継続の見方です。




ps.
既に7月分の収支報告を複数頂いていますが、かなり稼げるようになった方が多いようで僕もうれしいです(☆゚∀゚)それに伴いインカムゲイン編を購入するか迷っている方からの相談が多いので少し書いておきます。


20、30pipsくらいの値幅を狙うならほぼ毎日のようにエントリータイミングがありますが、僕のように高レシオが期待できるトレードだけを効率よく狙う場合、ボラティリティが増大するタイミングを狙わなければいけません。

そのタイミングを見極める為にトレードスキルが必要になるんです。インカムゲイン編はその技術を手に入れたい方の為に公開したものです。しかし、別に高レシオ高期待値のトレードを狙わなくても勝てますからあとは効率の問題ですね。




追記 8/13 12:00
ユーロドルが再び1.19ドルブレイクを狙う可能性が高まっています。
1.18ドルを維持出来るかが重要になります。

6月の収支は+4500万円ほどでした。

SnapCrab_NoName_2020-7-4_17-35-50_No-00


全部の履歴を載せきれなかったのですが12トレード7勝2敗2分けです。

システムトレードも含むので5月と比べると結構トレードして効率はあまり良くなかったですね。


6月はコロナの第2波の影響が取り出されるようになり、もう少しリスクオフで下落するかなとも思っていたのですが、かなり底堅い推移になりました。

リスクオフと言ってもドル円がドル買いで上昇する相場になっていましたから、以前のようなリスク回避の円買い(スイスフラン買い)と言うような相場になっていない事が影響しています。

典型的なドル相場でインカムゲイン編に書いていたような相場になっていますね。僕の嫌いな相場です。それがトレード結果に表れてしまいました。


現在の相場(ポンド円)は1日の分析記事のような展開を想定しています。
想定通り134円をブレイクしてきていますから136円まで上昇できるかに注目し、その後さらに上昇していくのか下落に転じるのかを見て行きたいです。(134円を超えてからの動きがファンダメンタルズ的な弱さを反映して弱い事もあるので135円台のレジスタンスで止まる可能性や133.7~5円を割り込み下落に転じる可能性も考慮)





PS.
先月末頃から手法を一時販売停止していましたが販売再開しましたのでお知らせします。



以前にもお話した通り、僕はあまり自分ではトレードしなくなっているのですが、5月は少し時間を使って1カ月間トレードしてみました。

結果は3トレードで3500万円ほどの利益になりました。

SnapCrab_NoName_2020-5-31_23-28-6_No-00



僕がトレードする時は効率を重視し、最低でも50pips、出来る限り100pips以上の変動が見込めるポイントを厳選してトレードを行います。これによりボラティリティの増大が見込めるポイントをピンポイントで捕え易くなります。結果、3トレード共に100pips以上の利益になりました。テクニカル的には3トレード共にもう少し伸びても良かったと思っていたのですが、ファンダメンタルズの抵抗にあった感じですね。とは言えファンダメンタルズ的にもエントリー方向への一致が見られたポイントですからこれは仕方がありません。(株価の異常なリスクオン相場に比べ為替は元気ないですよね。)


もちろん、今回はたまたま3トレード共にうまく行きましたけど、毎回こう言った結果が得られるわけではありません。

それでも大体20pips程度のリスクで100pips以上の利益を狙うトレードを少なくとも勝率50%以上で維持できているんですね。
これ期待値計算して頂ければ(計算しなくても)どれだけの収益が見込めるかがお分かりいただけると思います。


以前は小さめのポジションサイズで高獲得pipsを狙いトレードスキル向上を目指していたのですが、今は結構稼いでしまったので普段は好きな事(仕事)をやって時間が取れれば大きめのポジションサイズで効率よく稼ぐ感じですね。


ニュースチェックが一番時間が掛かるくらいでチャート分析は殆ど一瞬で終わりますから、1カ月のトレード時間を合計しても多分5時間とかくらいしか掛けてなくてもこれくらいの収益が可能なんですね。

チャートを見て今日はないなと思ったらその日はチャート見ませんし、今日動きそうだなと思っても
1時間おきとか30分おきとか5分おきに一瞬見ればいい訳ですよ。それでサインが出た時にエントリーして指値逆指値設定して後は放置です。もちろん、経験を積むためにチャートをずっと見続けるのはありだと思いますけどね。僕の場合はもうその段階は卒業したと言うだけです。トレードスタイルはご自身に合った方法を見つけて下さい。



それで何が言いたいのかと言うと、この結果は皆さんも可能ですよ。と言う事です。

僕の場合はポジションサイズが大きめなので金額が大きくなっていますが、効率を抜きにしたら月300pipsの収益って結構普通ですよね?

100万通貨でトレード出来る人は300万円の収益
10万通貨でトレード出来る人は30万円の収益


皆さん、個人個人レベルもトレードに掛けられる時間も資金も様々だと思いますが、僕と同じくらいのレベルになれる知識、情報、スキルをブログとかマニュアルとかコーチングで伝えて来ました。本来公開するはずの無かったベーシックインカム編まで公開に踏み切りました。


夜明け前が一番暗いと言います。
皆さんにも是非成功して欲しいので今はトレードスキルを磨きに磨きましょう!

トレードスキルは本当に一生ものの財産です。

成長曲線をご存知の方も多いと思いますが、伸びる時は一気に伸びます。結果は自ずと付いてきます。投資での成功は本当にそれまでのお金の心配を消します。(お金を失う心配に転じる方もいらっしゃいますが...)



PS.
ベーシックインカム編を購入された方から結構うれしいメールが届いているので公開に踏み切って良かったと思っているのですが、公開予定のインカムゲイン編公開の催促も同時に頂き内心ちょっと焦っています。作成する時間がなかなか(;´Д`) まあ、ベーシックインカム編の安定収益があればインカムゲイン編は過剰な内容にもなりますからしばらくお待ちください。




コロナも今は日本や欧州で第1波が収束しましたが、いつ第2波が来てもおかしくありません。
以前に2022年ごろまでコロナが続く可能性があると言う記事を紹介しましたが、ワクチン開発が進んでいると言う報道で株価は異常な買戻しになってはいます。しかし、実体経済への深刻な打撃からいつ反落してもおかしくありません。

ワクチンもインフルエンザのように半年、1年後に効くと言う保証はなく、ワクチンの副作用や流通の問題も多いですからね。
あらゆる事態を想定して備えて置く事は投資でも必須と言えます。



先週はトレードを見送ってます。




ブログラインキングに参加中です!
↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

記事をお読みになりましたら、1回ずつクリックお願いします。
ランキングが上がればモチベーションが上がって、ブログ更新頻度を上げます!

THV手法を使った先週のトレード結果です。

THVトレード結果20171115

※ロジック解明防止のため一部伏せます。

先週はマイナスでした。ユーロドルが1.17ドルまで戻したり、ドル円が113円を割り込んだりとちょっと流れが変わりましたね。この動きが単なる調整なのかトレンドの変わり目なのかを見極める必要がありそうです。

 

先週の海外FX業者の記事ですけど、意外と反響がありました。意外とFXの仕組みを理解せずに投資していた方が多いようで少しびっくりしてます((+_+))基本的にデリバティブと呼ばれるものは同じ仕組みです。日経225とか先物とかオプションとかですね。こう言うのは証券会社との取引になります。と言うか、投資は基本的にゼロサムゲームなので株とかも相手が個人等になる事があるだけで実質な意味としては変わりません。それと、文章は正しく理解してくださいね。稼ぐ額だけじゃなくて短時間スキャルピングを毎日何度も繰り返すことが不味いってことですよ。スキャルピングは無駄に人気ありますけどね。スキャルピングOKの業者以外では止めておいた方が良いです。当然、利益を出さなければ問題になりませんけどね。

そして、国内の金融庁に登録されている業者の場合、取引停止になったとしても出金できなくなる事はあまりないと思うので、そんな意味では問題ないとも言えますけど、海外の業者の場合、口座凍結になり出金できなくなるリスクがあると言う事です。ですから、海外のFX業者は変なところを選ぶと例え儲かったとしても、お金と投資にかけた時間をドブに捨てるようなものです。だから、特に海外では信頼できる業者以外では取引してはいけません。海外業者を選ぶなら信頼できるNDD方式の業者一択だと思います。FXだけじゃなく海外のバイナリーオプション業者なんかも結構問題になりましたけど、特にバイナリーはカバーと言う概念があるのか微妙なので100%業者と相対取引するようなものですから、自殺行為ですね。結構、黒い噂も多いので海外業者ではやる価値無いです。

 

FXのレバレッジ規制が入ると言う噂で今後、海外FX業者に口座開設する人が増える可能性がありますけど、その分、問題が増えると思いますね。

 

それで、このデリバティブの世界では6京円とか言われている額の膨大な額の残高があり、金融爆弾なんて言われていたりします。サブプライムがやばかったのも、ドイツ銀行が危ないとかなったのもこのデリバティブが問題となったからです。金融不安により一つの大きな銀行や証券会社等が潰れると、CDSによりその破綻を担保していた他の銀行や証券会社にも支払い出来ないほどの損失が生じ、連鎖的に破綻が起こる可能性がある事が問題視されています。CDSでウロボロスみたいな構造になっているケースもあるとか(自社の破綻リスクを最終的に自社で担保している)。

投資をする以上、投資対象はもちろん、金融全般に対する仕組みや事柄は知っていて当然の事だと思うので理解しておきましょう。

 

こういった事を考えるとFX業者が勧めている取引なんかは結構リスクが高い事が分かるはずです。FX業者によって呼び名は違いますけど、トラップトレードだとかサイクルトレードとか言うレンジ内で一定間隔でIFD注文を繰り返すやつですね。(30pips間隔で買い指値注文とそれに対する30pipsの利食い注文を入れるなど。損切なし!)

この取引は勝率100%が前提になっていて勝率100%なら利益が上がります。しかし、年利30%くらいにしかならないのに暴落したら最悪ロスカットになり資金の大半を失うリスクがあるんですよね。特にこう言う取引はFXのトレードスキルが無い人がやりますから、暴落時に対応できないでさらに取引して損失を拡大させたり、追証して損失を拡大させたりとかなり危険な取引だと思います。レンジの時や買い注文のみ行う場合は上昇トレンドの時は比較的容易に利益が上がるので、運が良ければ数年は利益が出せるので良い投資方法と勘違いするケースがかなり多いと思います。チキンレースだと分かって取引しているならまだいいんですけどね。典型的なコツコツ利益を上げてドカンと一気に損失を出してやられるパターンの取引で、同じような取引であるスワップ狙いのトレードよりもリスクは遥かに高いと思います。今時、スワップ狙いでトレードする人はいないと思いますけど、同様に愚かな事だと思います。

 

僕は今年、自分が一切何もしなくても収益が上がる仕組み作りのために投資先を探し、多くの投資をしてきましたが、年利30%くらいを得るために最終的な負けが保証されているような、そんなハイリスクな投資をする価値なんて無いんですけどね。年利50%くらいを狙えてリスクも低い投資先は意外とあって、僕は吟味した上で投資先を選びましたけど、皆さんも目先の利益だけでなく十分にリスクや将来性も考えて行動しましょう!

 

 

ブログラインキングに参加中です!
↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

記事をお読みになりましたら、1回ずつクリックお願いします。
ランキングが上がればモチベーションが上がって、ブログ更新頻度を上げます!

このページのトップヘ