THV手法を使った先週のトレード結果はありません。

トレードを見送りました。週の前半は休場やFOMC議事録の影響などで見送ったんですけど、後半は忙しかった事もあり見送ってます。最近の市場は材料自体はあるんですけど、方向が揃わなくて迷っている感じなので無理しなくてもいいかなと思ってます。

 

先週分の報告を見る限り、結構普段通りトレードされて普段通り利益を上げられている方が多いようですけどね。

ですけど、先週警告して書いた記事、そのままのトレードをしてしまって失敗したと言う報告も頂いています((+_+))

やはり、メンタル的な要因と言うのは、意識して頭で分かっていても間違った行動してしまうので、直ぐには治らないと思うのでちょっとずつ直していきましょう('ω')

そう言った悪癖と言うのは感情がトリガーとなる場合が多いので、トレード中に欲を出したり、焦ったりしないように、常に冷静にトレードしないと治りにくいと思います。普段の生活から冷静な振る舞いをしないといけないかもしれませんね。そういった意味ではメンタル的に悪い状態の時は絶対にトレードしてはいけませんね。

 

因みに悪癖を治す方法として輪ゴムを使う方法があります。腕に輪ゴムを付けて悪癖が出そうになった時に輪ゴムでパチッとやるんです。そうすると当然痛みが走りますから、悪癖を出すと痛みが走ると脳が学習して悪癖が出にくくなるみたいです。試してみてもいいかもしれませんね。

 

 

ブログラインキングに参加中です!
↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

記事をお読みになりましたら、1回ずつクリックお願いします。
ランキングが上がればモチベーションが上がって、ブログ更新頻度を上げます!

THV手法を使った先週のトレード結果です。

THVトレード結果20171006


※ロジック解明防止のため一部伏せます。

金曜日のトレード

ユーロドル

最近の雇用統計時はトレードしていないと以前にも書きましたけど、先週はドル高の流れにあり、雇用統計の結果次第でブーストされる可能性があったのでトレードしました。金曜日にチャンスがあればトレードすると書きましたけどね。

ドル高に動いたので、ストップ幅を狭くトレード出来たこともあり、上級編で売りました。結果、6pipsくらいの損切りです。底堅かった1.17以下で売れた事で低リスクで1.166、1.162、1.15辺りを狙う事が出来ましたが、失敗しました。

THVシステムサイン2017-10-6ユーロドル


 

ポンドドル

ユーロドルとほぼ同時に上級編により売っています。値を戻してきたところですね。

ユーロドルが損切になったので、一旦下げたタイミングでトレールして、その後撤退となりました。こちらの狙いは1.3ドル割れで、割り込めば1.291辺りを狙う流れになると読んでいました。

THVシステムサイン2017-10-6ポンドドル

 

 

今日は欲をコントロールすると言う事について書きたいと思います。これまでにも何度か書いていますが、メンタルに関する話ですね。しつこいようですけど、心構えは何事においても最重要なので何度も書きます。

多くの人、いえ、ほぼ全ての投資する人の目的は、投資により利益を得ることだと思います。当然の事だとは思いますけど、しかしです。利益を上げるために投資をする事が目的のはずが、投資をすること自体が目的に変わってきている人が多く見られます。さらに、この事は無自覚である可能性もあり、本人も気づいていない可能性もあります。

そのような方の多くは、利益を上げる事=トレードをする事、と考え、自身がトレード出来る環境にある時は常にトレードしようとします。

所謂、ポジポジ病と呼ばれるもので、オーバートレードとか言ったりもします。負けた時に、負けた分を取り戻そうとして何度もトレードしてしまうような方は要注意です。なぜ、そのように無謀に何度もトレードしてしまうのかと言うと、勝ち方を良く分かっていないと言うのもあると思いますが、稼ごうと言う意識ばかりが先回りして空回りして、自分の欲に振り回されている状況なのではないかと思うんです。単純に冷静さを欠いている場合もあると思いますが、トレード中に冷静でいられないと言うのもかなり問題です。

 

投資で利益を上げる為には、リスク以上のリターンが見込める時にだけ投資をする必要があります。正確に言えば、期待値がプラスになる時だけ投資をする事で利益を上げることが出来ます。

この期待値がプラスになるようなチャンスと言うのは、必ずしも毎日あるとは限りません。もちろん、手法によりますけどね。ここで重要になるのが、チャンスを待つと言う事です。

投資で稼げている人の多くは、これが出来ており、年に数回のチャンスを待ち、年に数回しかトレードしなくても年間数千万円以上の利益を上げている人もいるほどです。逆に、負けている人はこれが出来ていない傾向にあります。

チャンスを待てない、そもそも、そのチャンスがいつなのかすら分からない、そのような状態でトレードしている方はいないでしょうか?それでは勝てなくて当然です。勝っている人とは見ている世界が違いすぎます。

 

チャンスの典型的な例として鉄板サインなんかがあります。(あまりに強力すぎるので最近は軽くしか触れていませんけどね。詳しく説明していませんが、ブログに何度も鉄板サインとして載せたので、マニュアルを持っていれば理解できると思います。簡単に理解できるヒントは載せたので自力で理解してくださいね。)

実際に鉄板サイン時のみトレードして稼げるようになったとの報告もありますから、チャンスを待つ事が出来るようになれば、勝つ確率が飛躍的に上昇する事は言えると思います。

他にもいくつかパターンがありますが、それらを利用し稼ぐために必要なのは慣れです。

まあ、これは何でもそうだと思いますけどね。僕がレシピサイトを参考に料理を作った事を例にすると、最初はかなり不味いものが出来上がりました。ギリギリ食べられなくはないくらいの出来です。そんな感じで最初の内はうまく出来ない事が多かったですけど、だんだんまともになり、簡単な料理なら普通に作れるようになりました。

結局、何事においても経験が必要であり、FXにおいてチャンスを見る目を養うためには場数を経験する事でしか難しいのではないかと思います。パターンと言っても、毎回、全く同じ形と言うのはないですからね。パターンを認識できずに見落としてしまう事も多いと思います。それに加え、ファンダメンタルズ的な市場参加者の思惑がありますから、そういった事も経験し、理解できるようになるとさらにトレードの幅が広がりますね。

 

実際、最近になり頂くトレードの報告が少しずつ良くなってきています。数カ月前に週平均100pips前後と書いたと思いますけど、最近は週200pips前後の利益を上げる方が増えているんですよ。それで、トレード数は増えているのかと言うと変わらないか逆に減っているんです。単純にトレードの質が上がっていると言う事もありますけどね。

それから、その報告の中で、欲や焦りなどが出るとマイナスの影響が大きく出ると言う事がかなりはっきりわかってきたのですよ。以前にも似たような事は書きましたけどね。例えば、サインじゃないのにトレードしたり、負けた後に何度もトレードして自爆したり、ストップを外して損失を拡大させたり、と言ったケースが多々見受けられます。

そういった事を自覚していても、これが中々治らないみたいなんですよ。やはり、メンタル的な変化と言うものは時間を掛けていくしかないみたいですね。

それでもメンタル的な事が改善されてくると劇的に結果に反映されてくると言う事も分かってきたので、ここで一つ忠告と言うか、欲に関する記事を書こうかなと思い、今回の記事を書く事にしました。

参考になれば幸いです。

 

 

ブログラインキングに参加中です!
↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

記事をお読みになりましたら、1回ずつクリックお願いします。
ランキングが上がればモチベーションが上がって、ブログ更新頻度を上げます!

昨日のTHV手法のサインの確認です。

僕が実際にトレードしたポイント辺り

ポンドドル

EU離脱関連のニュースに反応したポンド売りの流れに沿ったトレードです。

内容としてはブレグジットの進展を懸念と言う今更感のあるものでしたけど、最近ポンドが売られ始めていましたから、そう言ったニュースに反応しやすい状況になっていましたね。火水とチャートが悪かったのでトレードしていませんでしたけど、昨日は結構おいしいトレードでした。

ストップは広めの25pipsくらいでした。1.315くらいにサポートがあったんですけど、その下には節目の1.3くらいです良いサポートが無かったので大きく下落する可能性がありました。+60pipsくらい

他にポンド円も売っています。

THVシステムサイン2017-10-5ポンドドル


最近の雇用統計はトレードしていませんけど、今日の雇用統計は動きがあるかもしれません。チャンスがあればトレード予定です。

 

 

それでは,今日はこの辺で。

 

ブログラインキングに参加中です!
↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

記事がお役に立ちましたら、各1回ずつクリックお願いします。

↑このページのトップヘ