昨日、こんな記事を読みました。

「富士通、時給1000円で働く“棚卸しロボット”披露」
www.itmedia.co.jp/business/articles/1703/08/news088.html

引用
同社によると「スーパーマーケットなどの小売業における人件費の約40%は棚卸し作業。これまでは人が目視で確認を行っていたが、近年は人手不足が深刻化しており、ロボットによる自動化のニーズが高まっている」という。

「欠品確認の他にも、常に商品の位置をアプリで簡単に確認できるので、新人でも陳列作業や、商品の案内をスムーズに行うことができるようになる」(同社)

この記事を読んであなたはどう思ったでしょうか?

僕は戦慄しました。

いや、もうわかっていた事ですけど
もう間もなくロボットやAIに職が奪われる時代が
50年とか60年とかのわりと遠い未来ではなく
数年とか10年、20年とかの
近未来に迫ってきている事は
確実だと言う事です。

去年末にはアメリカで「アマゾン Go」と言う
レジがない店舗が実現しました。

これは入店時にスマホで支払い情報を読み込ませれば
後は店で買いたい商品を
自分のバックなどに入れて
そのまま店を出れば万引きで捕まる事もなく
買い物ができると言う、まさに近未来的な店舗です。

今ではスーパーマーケットなどで
セルフレジを見かけますが、
それを超える存在として驚きました。

棚卸ロボットが出来たら完全に無人でできるな
と思っていましたが、数カ月でそれの発表があったので
かなり驚きました。
(アマゾン Goではプロモーション動画で棚卸に店員を使っていましたので)

この2つが大手コンビニやスーパー、ドラッグストアなどで
導入されれば少なく見積もっても日本だけで数十万人と言う職が失われるでしょう。

はじめの内は少子高齢化、人口減による労働人口の減少を
カバーするくらいで済むかもしれませんが、
この流れが他の小売店にも導入されれば
さらに職が失われます。

他にも今年の1月のニュース
「人工知能が人工知能をプログラムする時代がやってきた」
jp.techcrunch.com/2017/01/20/20170119ai-software-is-figuring-out-how-to-best-humans-at-designing-new-ai-software/

では、AIがAIを作ってしまうと言う驚くべき発表がありました。
現時点では画像処理プロセッサを800台協調動作させる必要がある
ようですが、この台数も年々、飛躍的に減少していく事でしょう。

そうすれば、電源を繋いでおくだけで
全自動でより賢いAIを作り続ける事が可能になりますから
AIが人間の脳を超えると言うシンギュラリティ(技術的特異点)
が実現する事は明白です。

それのプロトタイプが出来上がってしまった
と言う事ですからね。

既に1年前とか2年前から労働が人間からロボット、AIに置き換わる
と言う分析結果は欧米の大学などから出ていました。

それが、ここ数カ月のニュースをチェックするだけでも
実現に大きく近づいています。

既に工場のオートメーション化は進められていますが、
棚卸ロボットが可能と言うのであれば
当然、配膳ロボットや警備、誘導ロボットなども可能で
多岐にわたる産業で職が人間からロボットやAIに置き換わるのは
絵空事ではなく、現実に起こる事で間違いないと思います。

それで、職が失われれば人間が収入を得る方法が
なくなってしまいます。

それを解決するおそらく唯一の方法は
ベーシックインカムしかありません。

国民全員に毎月一定額を給付すると言う
生活保護の全国民版のようなものですね。

既に欧米などでは一部の地域限定で
試験的に運用がテストされています。

これだけ書くと働かなくてもお金がもらえるのか!
と思いたくなるかもしれませんが、
そううまい話でもありません。

日本で月10万円を1億人に給付するとすれば
毎年どの程度のお金が掛かるでしょうか?

120兆円です。

現在の税収は40~50兆円しかなく
ここ20年ほど税収は横ばいです。

そして現在、国は他に健康保険料や年金などと言った
収入もありますが(毎年赤字が拡大しています)
これらの収入も大幅に減る、もしくは、なくなります。

日本の年間予算が100兆円未満で
GDP自体も500兆円前後で推移しているので
ベーシックインカムと社会保障を払う余裕などありません。

そもそも、ベーシックインカムは社会保障込みなので
年金は廃止され、医療費も2割や3割など減額された額
ではなく、全額を支払う必要が出てきます。

仮に実施できたとしても
月10万円では本当に最低限の生活しかできないでしょう。
僕も数年前まではバイトをしながら
家賃込みで10万円以下の生活をしてお金を貯めていましたが、
本当に最低限の生活しかできませんでした。

大学生なんかは毎日暇で
飲み会なんか毎日やって遊んでそうな
イメージを持たれる方もいるかもしれませんが、
遊ぶお金なんかは殆ど無くて、生活を切り詰めて
食費なんかは月1万円以下で
スーパーの見切り品を買いあさっていました(笑)

こう言う生活を全国民が共有しなければいけなくなるかもしれません。
いや、そこまで酷くはならず
普通に生活できるかもしれませんが
ただ、はっきりしていて
ほぼ100%訪れてしまう未来は
人間の労働力がほぼ必要とされない未来です。

これが10年程度で現実化していき
20年、30年後には確実にやってくる未来です。

そんな、未来がイメージできましたから
今年大学を卒業する僕は
ほぼ必ず失業するであろう職に就かず
別の道を歩むことにしました。

こんな事書くと未来を見据えている感が出てしまいますが、
まあ、ぶっちゃけ、働かなくても生活出来るから
出来る事です(笑)

具体的な事は言えませんが、来年は海外で行動して
未来を見据えた行動をしようと思っています。

その前に日本で僕に少しでも出来ることはないかなと思い、
完成しても絶対に教えませんよ!
と思っていた僕のTHV手法を公開する事にしたんです。

おそらく、FXを既にされている方でしたら
ここまで書いてきたような事は
既に知っていてそれに備えている事と思います。

ですが、もし知らなかった、少し知っていたけど
最近のニュースまでは見落としていた
と言う方が居ましたら、
是非備えて置いた方が良いですよ
とだけ言っておきます。

本当にですね、今後も
毎年の変化スピードが加速度的に
早くなっていく事が予想されますから
気が付いたら殆どの国民が職を失っていた
と言う事態になりかねません。

利権の多い日本でベーシックインカムを仮に導入する事になったとしても
かなり後手に回る事は明白ですからね。

後、数年~10年くらいの内に
どの程度資産を築き
備えることが出来るかが
その後の未来を決める
勝負の期間になるんじゃないかな
と思っています。